コラム

column

これであなたも石巻弁を自在に使いこなせる~ミジンコでもわかる石巻弁講座~

私が子供のころは、石巻にもまだ、いわゆる「ずうずう弁」という東北地方の方言を使うお年寄りがいっぱいいて、子供も自然とそういう言葉に親しめる環境があったのですが、最近はとんとずうずう弁を聞かなくなりました。若い子の会話を聞いていると、普通に標準語で話していたりします。

 

石巻でいつ頃から標準語を話す人が増えたのかとちょっと思い返してみると、私が中学生や高校生の頃にトレンディードラマが流行して、そうした東京が舞台のドラマなどにどっぷり浸かった世代からは、もうほぼほぼ、ずうずう弁のような方言は出なくなったかなぁという感じがします。情報の流通性が高まり、日本全体が均質化していく一端を垣間見るような気がして、便利になったと感じることもあれば、方言を使っていたお年寄り達のことが懐かしく思い出され、ちょっと残念に思うところもあります。

 

震災後にはボランティアなどで県外から来られて、新たに石巻に住むようになった方も大勢いるでしょうし、食堂などで関西弁など他の地域の方言を耳にすることも増えてきた気がします。それはそれで趣(おもむき)、味があるのですが。

 

そこで、昔のことが思い出されるお盆時期ということもあり、今回は生まれも育ちも石巻という、爪先から頭のてっぺんまでどっぷり石巻に汚染された私が、石巻地方で使われている方言の解説をしましょう。

 

※言葉の意味は私が小さい頃にお年寄りが話しているのを聞いて、その状況などから推測したもので、正確に言えば間違っている可能性はあります。あと、訳者の人格に一部混乱が見られます。

 

1 ごしゃがいる

使用例:おめだづ、おどなしぐしてねーどおやじにごしゃがいっと

状況から推測される意味:君たち、大人しくしてないと、お父さんに怒られるよ。

 

2 すずねー

使用例:なんだい、こどもだち朝がらすずねーごど。

状況から推測される意味:朝からうるさいんだよジャリども

 

3 あがい

使用例:隣のおくさんがらせんべいもらったがらあがいわ

状況から推測される意味:お隣の深窓のご令嬢からせんべいなる高級菓子をいただいたから食べなさい。

さらに一歩進んで命令形になると「あげ」になる。

 

4 がおる

使用例:今日はあさがらあづくて、そどで野良しごどしたらがおったやー

状況から推測される意味:今日は朝から暑かったので、屋外で作業していたら非常に疲れました

 

5 ちょす

使用例:そいづ人がらあずがってるおぎものだがらちょすなよ

状況から推測される意味:それはやんごとなき方からお預かりした時価数千万円(推定)の置物なので、いじってはいけません

 

6 ほでなす

使用例:あの人さ何言ってもほでなすでやぁ、困ったもんだでば

状況から推測される意味:あの方に何を言っても愚鈍で事態が進展せず、困ったものです

 

7 おだづ

使用例:あんだ、わだしが冷蔵庫にいれでだプリン勝手にたべだんでねーの。はっ?はらへってだがらどがしらねーしおだづなよっこの

状況から推測される意味:つかぬことをお尋ねいたしますが、あなた様は私が冷蔵庫に入れて食べるのを楽しみにしていた高級食材プリンを私に一言だに断りもせずに食してしまわれたのではないでしょうか。え?あなた様が空腹でいらしたとか私には全く関わりあいのないことでございますのよふざないでくださいましこのすっとこどっこい。

 

8 あぺとぺ

使用例:あの人いっつもあぺとぺばりかだって、なんだがわがんねっちゃ

状況から推測される意味:I can’t understand the situation because he always says things I can’t understand.

 

まとめ 上記方言の複合応用例

あのひといっつもすずねくておだってばりいでいろんなものちょしてしゃべればあぺとぺばりかだるほでなすだがらはなすどこっちががおってしまうべや。あ、んだ、そういえばおっかぁがらメロンとどいでだからあがいわ。

状況から推測される意味:あのひといっつもすずねくておだってばりいでいろんなものちょしてしゃべればあぺとぺばりかだるほでなすだがらはなすどこっちががお(略)

―住吉―

付加価値

中瀬の公園で2時間くらいシューティング。

 

しばらく見なかったら、NBAはいつの間にかシューター全盛の時代。センターでさえも3ポイントの能力が求められる。ガードならディープ3(スリーポイント・ラインよりもさらに後方の深い位置から放たれる3ポイント)も撃てて当たり前。

 

というわけで、自分も余裕を持って3ポイントが撃てるようなフォームに改造中。

 

今はどんな職業でも、他者との差別化のため付加価値が求められる時代。

 

私も秋頃には「ただの弁護士」から「ディープ3が撃てる弁護士(3pt成功率35%)」になってると思います(←なれたとしても地獄のように付加価値ゼロ)。

👇理想像

-住吉-

加齢

日曜日に甥っ子、姪っ子と中瀬のゴールでバスケをして来たんですが

 

なぜか昨日から僧帽筋と広背筋と上腕二頭筋と腹直筋と大腿四頭筋と大臀筋と右内転筋が痛いのですが今これを書きつつよく考えてみたら左内転筋も痛いです

 

小一時間考えてみましたが原因は不明です大事なことなので二回言いますが原因は不明です。

 

-住吉-

からし

子供の頃

 

「何この『からし』ってヤツ。こんなの絶対いらんわ!今すぐこの世から無くなっても何も困らん!生きるために必要なものランキングの下から4番目くらい!」

 

現在

 

「からし付けるとトンカツもおでんもうまっ!考えたヤツ天才だしトンカツとかに合うって気づいたヤツ怪童!むしろこれがないとトンカツ食えないし全面的に依存させていただいて一緒にお布団でお昼寝したいレベル!冷蔵庫に5本ないし6本常備しないと夜しか眠れない!」

 

結論

 

(味覚が)立派なおっさんになりました

 

-住吉-

漫画 「暴力の都」

戸田幸宏原作、中祥人作画、1996~1999年にかけて週刊ヤングジャンプに連載。全12巻。

同性愛者のニュースキャスターである木戸重光と、プロデューサーの大浦理恵子、魚津らが、時に反発し、時に協力し合いながら、様々な社会問題に切り込んで行く姿を描く。

 

木戸は一見、視聴率のためなら何でもやる、視聴率至上主義者の冷徹な人間に見えるが、その厳しさの奥にある(通常は理解されない)優しさ・人間味によって、事件の被害者を、そして時に加害者をも立ち直らせる。ヒステリックな感情論や、表面的な同情論などに逃げず、あくまでも冷静な厳しい目線で事件の本質、人間の本質を問う姿勢が感動的。その勇敢な姿は、まるでサン=テグジュペリの『夜間飛行』の主人公、リヴィエールを想起させる。

 

女子高生コンクリート詰め殺人事件、オウム真理教事件など、世相を反映する大事件・社会問題を正面から題材にしており、当時、「自分が当事者ならどうしただろうか」「どのような解決があり得ただろうか」と、読むたびに色々な事を考えさせられた作品。

 

12巻完結ですが、後半はネタ切れなのか、マンネリ、グダグダになってしまった感もありますが、あまり世に知られていない名作だと思います。

 

作中、娘を殺されたタクシー運転手の父親が、犯人が捕まった後、木戸に問いかけます。「ねえ木戸さん、タクシーに乗って来るお客さんはみんな幸せそうな顔をしてますよ、こんな自分がみじめに思えてくるほどね・・・。でも本当は誰だって心に深い闇を抱えながら生きているんだ、そうでしょ、木戸さん。」

 

古本屋などで見つけたら、読んでみてはいかがでしょうか。特に、10代の若い人が読んで、この「後味の悪さ」「割り切れない現実」を自分なりに考えて、消化して欲しい作品です。

 

―住吉―

天文部 ステラリウムで木星を見てみましょう

小学生の頃、NASAのボイジャー2号が天王星に接近するという大イベントがあり、それがきっかけで宇宙に魅了され、学校の図書室から宇宙関連の本を借りまくって読んでいました。

その後、中学生になって(安い)天体望遠鏡を買ってもらい、色んな天体を見ていたのですが、当時は天体を探すのは非常に骨が折れる作業でした。ネットなんて無いので、天文関係の雑誌を立ち読みして、その時期どのあたりにどの星座があるのか等を頭に入れて、目的の天体がある大体の位置をつかんで地道に望遠鏡を動かすしかなかったのです。

しかし、今はとても便利になって、ネットでその日の天体の位置はすぐわかりますし、天体を自動追尾してくれる望遠鏡なんてのもお手頃な価格で手に入ったりするわけです。

まあ、そうしたものを使ってリアルに天体観測をするのも良いのですが、Stellarium(ステラリウム)という無料ソフトを使うと、観測場所や観測時間を自由に選んでバーチャルな天体観測ができます。

小学生の頃、私は授業中も宇宙のことばかり考えていて、「もし太陽以外の恒星から太陽系を見たらどんな感じだろうか」などという妄想をしていたのですが、特に何度も妄想したのが、「木星は太陽系最大の惑星だから、その衛星から木星を眺めたら、空一面が木星になるに違いない。そして巨大な大赤斑がウネウネ動いているのを見たら生きた心地がしないはずだ。」というものでした。

 

さて、先に、ステラリウムを使うと「自由」な天体観測が可能と書きましたが、これは本当にそのままで、実はこのソフトを使うことで、こうした妄想を(バーチャルですが)実際にやってみることが可能になるのです。

 

たとえば皆さんが夜空を見上げて月を見ると、「月って大きいな」と思うかもしれません。そこでステラリウムで地球から見た月を表示してみましょう。

 

こんな感じですね。「あれ?意外に小さいな」という印象なのではないでしょうか。月なんて衛星ですから所詮こんなものです(←どこから目線で言ってんだ?)。

 

じゃあ、次は木星の衛星であるメティスから木星を見てみましょう。

 

こんなの毎日地平線から昇ってきたらなんかゾワゾワして不眠症になりそう。

いや、やっぱり木星は巨大で素晴らしいですね。木星はその強い重力で、太陽系に突っ込んで来る危険な小惑星などの多くを引き受け、地球を守ってくれている存在でもありますし、太陽系の惑星の中では個人的に一番好きな星です。

ちなみに、ボイジャー2号の打ち上げは1977年8月で、既に42年以上経過していますが、いまだに地球に観測データを送り続けています。1989年の海王星への接近後は、そのまま太陽系外縁部、そして太陽系からの離脱を目指して航行中です(「星間空間ミッション」と呼ばれる)。

2018年には太陽圏(ヘリオスフィア)の外に。6万1000年後くらいには「オールトの雲」と呼ばれる、太陽系を外殻状に取り巻いている天体群(ただし理論上予測される天体群で、未観測。太陽系形成時の氷や岩石等が外側に弾き飛ばされたもので、長周期彗星の故郷と考えられている。)を通過する予定だとか。

 

今回も法律事務所なのに全く法律の話が出てきませんでしたが、大丈夫なんでしょうかこのブログ。

 

-住吉-

PXで買ったシャツ

 

 

田舎の中学生・高校生もいっぱしに異性の目を気にしだした時に困ることのひとつが、「オシャレな服を売っている店が少ない」ということである。

私が学生の頃も、それなりの服を買うとなると仙台まで遠征していた人が多いように思うが、当時の石巻にはPaul Smithがあったし、J.PRESSを置いていたボストニアンクラブなど、一応それなりのお店がそろっていた。

そうした、数少ない店のひとつが、かつて旧観慶丸の近く、今で言うとBARRELという洋服屋さんの向かいの建物で営業していた、PX(ピーエックス)という店だった。

もうかなり前の記憶なので曖昧だが、確かSchott のPコートとか、ジャンル的にはミリタリーアイテムを含めたアメカジがメインのセレクトショップだったと思う。「PX(米軍の基地内の売店)」という名前がつけられているくらいなので。

高校生の頃、とにかくカッコ良い服が欲しくて、昼食代を削るなどして地道に貯めたお金で、何とかPXで買い物をしたものだった。写真のマグカップは、PXの初売りで買い物をした時に、ノベルティーとしてオーナーにもらったモノで、10代からずっと使い続けているのでかなり愛着が湧いており、自分にとっては「ただの小汚いマグカップ」ではないのである、いや小汚いマグカップなのは初対面の外国人にも「小汚いマグカップ」って言われそうなくらい間違い無いんだけども。

ある日の放課後、やっと貯めたお金でコートを買おうと思ってPXに行ったことがあったのだけど、コートが置いてある店の奥にたどり着く前に、ふとあるシャツに目が留まって、そのまま釘付けになってしまった。

高校生くらいがオシャレをしようと思ったら、お金が無いので、まず着用頻度が高いアウターを買うのがセオリーなわけだけど、そのシャツを見た瞬間、アウターのことなど頭から吹き飛んでしまったのである。

それは、ブルー系のマルチストライプのボタンダウンシャツで、高級生地特有の上品な光沢があった。いや、高級生地かどうかなんて当時高校生の自分にわかるわけがなかったのだけど、様々な服を着て経験を積んだおっさんとなった今から振り返れば、あれは明らかに高番手の上質なブロード生地で作られたシャツだったとわかるのである。形も細身で美しかった。

その日は結局アウターを買わずにそのシャツを買った。高校生にとってはシャツ1枚にアウターと同じお金をかけるのはかなり痛かったが、それでも、家に帰ってそのシャツを着た時は、自分が急に大人になった気がして嬉しかった。

インターネットも無い時代。当時は服のブランドの事など知らなかったし、今となってはそのシャツはもう手元にないので確認のしようもないのだけど、もしかしたらあれは、品質的にも、価格帯的にも、アメリカのIndividualized shirtsのボタンダウンシャツだったのではないかと思っている。

残念ながら2010年頃に閉店してしまったようだけど、PXは、田舎のガキにそういう「本物」を教えてくれる、良いお店だった。

-住吉-